痛い!つらい!【 寝違い 】について

❚ そもそも【寝違い】ってどういうもの?

5743dae814ddc85f46b518146b1b24e6_s

 「首や肩が凝っている」と感じている方はたくさんいらっしゃいます。
 首や肩のいわゆる「コリ」が引き起こす症状は様々。今回はその症状のひとつである「寝違い」についてお話します。
 
 経験がある方も多いと思いますが、
寝違いは主に「朝起きた時に首を動かそうとしたら、痛くて動かせない」と言う症状です。
 場合によっては、手の痺れや頭痛などを伴うこともあります。

 

❚ 原因①/「コリ」から

46125a7579f3e7e7454bcde7124ce3fb_s

当院では、首や肩の「コリ」が寝違いを引き起こす1つの原因だと考えています。

首や肩の「コリ」の原因の1つに、姿勢の悪さ(長時間のパソコン作業など)があり、
それによって持続的な筋緊張が起こることで筋肉が硬くなり、局所的に循環障害を引き起こします。
循環障害により酸素や栄養分が末端まで届きにくくなり、疲労物質が蓄積することで、その刺激によって「コリ」を感じています。
 筋肉が硬くなると、首や背中(脊柱)の関節可動域にも影響が出ます。
 背骨の1つ1つは関節で連結されており、筋肉にはその関節をスムーズに動かす役割があります。
「コリ」は正常な筋肉・関節の動きに制限をかけ、循環が悪くなることで、より改善しにくくなる…という負のサイクルを繰り返します。

 

 ❚ 原因②/「冷え」から

eakon_samui

 先に説明した、負のサイクルが続いている状態の首や肩に「冷え」が加わることで寝違いが起こることも。
 筋肉が硬くなり関節可動域が減少し、循環が悪くなっている首や肩が冷房や気温の低下により冷やされた時に寝違いは起こりやすいのです。

 

❚ 【寝違い】が起こりやすい時季がある!

44986ab0354cb6f14d4971971e77346c_s

寝違いが起こりやすいのは1年のうちでも、6月頃と10月頃。
1年を通して、いつ起こっても不思議ではない寝違いですが、この時季に痛みを訴える患者様が多いように思います。
その理由として、この2つの月はそれ以前までの月との温度変化が特に大きくなるからだと考えます。

①<6月ごろ>夏のはじまり、本格的に就寝時に冷房を入れ始めるタイミング
②<10月ごろ>窓を開けて就寝し、明け方に寒さで目が覚めることもある時季

この頃に「寝違い」になった記憶はないでしょうか?
初夏から秋口までの就寝時は襟元が開いた服装が多く、冷房・気温低下による冷えの影響を受けやすくなっています。
就寝時の服装や室内の温度変化が「寝違い」を引き起こすのです。

 

 ❚ 【寝違い】の対処法①/温める

ddfa8459c94f50ab0ba3b1d0ea8e42b9_s

コリ→冷え→寝違いの場合、「温める」を選択しましょう。
痛みがある時は「冷やす」と考えるのは自然です。一般的な捻挫や打撲などの場合は「冷やす」が基本です。
「冷やす」ことは痛みの軽減に効果がないわけではありません。
しかし、痛みの原因がコリ・冷えですから、筋肉の硬さの改善&血流等循環の改善には「冷やす」よりも
「温める」ことがより効果的。痛みや可動域制限などの症状改善につながります。

「温める」には様々な方法がありますが、日ごろに簡単にできる方法としては入浴時に湯船につかること。
入浴時、シャワーだけで済ませていませんか?
特に前述した6~10月頃は気温が高い事もあり、シャワーだけの入浴で済ませがち。
しかし、気温の高い季節であっても冷房などにより体は冷えています。1年を通して、入浴時には湯船に浸かることをおすすめします。
体を動かす適度な運動(ヨガ、ストレッチ、ピラティスなど)も寝違い予防にぴったり。
物理的にはマフラーやレッグウォーマー、腹巻、カイロなどで体を温めることを心がけましょう。

 

 ❚ 【寝違い】の対処法②/3日以内に処置!放置は厳禁!

3412fd0b3b5241db4ab7985077cf9042_s

「寝違いくらい」…と思っていませんか?
寝違いは1~3日のうちに接骨院などへかかるなどして、早めの対処をしてください。
起床時、寝違えて首や肩が痛いと感じた時は、急性期(寝違えて1~3日)のうちに適切な施術を受けることが大切です。
多くの場合は、寝違えても1~2週間以内で改善します。しかし、放っておいたことにより痛みや可動域制限が続くケースもあります。

長期間にわたり「寝違い症状」が継続すると、改善までにも時間がかかります。
当院でも、寝違いを起こした当日にご来院された患者様の場合、1~2回の施術で痛みが消失する例を多数経験しております。
「放置しない」ことで寝違いは早期改善できる痛みなのです。