没後50年 藤田嗣治展

こんにちは、本多です

随分と久々の更新になってしまいました。

 

先日、京都の国立近代美術館で開催されている藤田嗣治展へ行ってきました。

image1

以前から大好きな画家の一人で、これで3度目の展覧会です。

以前に行ったのは裸婦画メインの展示会と、子供と動物、宗教画中心の展示会です。

今回はそれら全てをひっくるめた、藤田作品の総括といったような内容。

 

過去に見たことのある作品でも、何回みても素晴らしくやはり好きな画家だなと思いました。

こういった画家一人に焦点を当てた展示会は大体が初期から順番に作品が展示解説されてます。

この画家も画風が初期から自分のスタイルが確立されるまで、またそれから時代に翻弄されながらスタイルやテーマが変化していくのをみるのがまた大変面白いです。

 

それとここではいつもコレクション展も合わせてやってるんですが、誰もが知るピカソやシャガールがしれっと展示してあっていつも驚きます笑

 

12月16日まで。是非、行ってみて下さい。

京都国立近代美術館